コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バテシバ Bathsheba

翻訳|Bathsheba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バテシバ
Bathsheba

前 10世紀頃在世したソロモンの母。ヘテ人の軍人ウリヤの美貌の妻であったが,ダビデと姦通し,ソロモンを産んだ。夫は対ペリシテ戦の最前線に送られて死んだ。ダビデの死後の王位継承の抗争を経て,ソロモンが王位につくことができたのは彼女のおかげであった (サムエル書 11,12章,列王紀上1,2章) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バテシバ【Bathsheba】

旧約聖書中の人物。ヘテ人ウリヤの妻で際立った美女であったが,入浴中の姿をイスラエルの王ダビデに見られ,召されてその妻となり,ソロモンを生んだ(《サムエル記》下)。ダビデの死に際しては,ソロモンを後継者とするよう,預言者ナタンらとともにダビデを説いた(《列王紀》上)。中世の写本挿絵などには,ダビデが窓から入浴中のバテシバを見る場面や,バテシバが病床のダビデに会う場面などが見いだされる(《サクラ・パラレラ》写本,9世紀)が,近世以降には,入浴や化粧の場面のバテシバが好んで描かれた(レンブラント《バテシバ》1654)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バテシバ【Bathsheba】

旧約聖書に登場する女性。入浴中の姿をダビデにみそめられて妻となり、ソロモンを出産。画題として入浴の場面が多く描かれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

バテシバの関連キーワードピール(George Peele)アヒトフェルアブサロム聖母の戴冠旧約聖書ピール画題

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android