コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バノックバーン バノックバーンBannockburn

2件 の用語解説(バノックバーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バノックバーン
Bannockburn

イギリススコットランド中部,スターリング南東部の町。行政府所在地スターリング南南東 3kmにあり,フォース川の支流バノック川に沿う。地名はゲーリック語で「白く輝く川」の意。18~19世紀にはタータンなどの織物や絨毯の製造で知られた。1314年6月23~24日エドワード2世指揮下のイングランド軍とロバート1世ブルースの率いるスコットランド軍が,スコットランドにおけるイングランドの最後の拠点であったスターリング城をめぐってここで戦い,兵力において圧倒的に優勢であったイングランド軍が大敗。この勝利によりスコットランドの独立が確立された(→バノックバーンの戦い)。人口 7396(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のバノックバーンの言及

【ブルース】より

…はじめ封建的上長のイングランド王に服したが,のちこれと対決してスクーンで即位(1306)。独立戦争を遂行して,1314年バノックバーンでエドワード2世を撃破した。20年貴族らはローマ教皇あてに〈独立宣言〉を送り,3年後に教皇はブルースをスコットランド王と認めた。…

※「バノックバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バノックバーンの関連情報