バノックバーン(英語表記)Bannockburn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バノックバーン」の解説

バノックバーン
Bannockburn

イギリススコットランド中部,スターリング南東部の町。行政府所在地スターリングの南南東 3kmにあり,フォース川の支流バノック川に沿う。地名ゲーリック語で「白く輝く川」の。18~19世紀にはタータンなどの織物絨毯の製造で知られた。1314年6月23~24日エドワード2世指揮下のイングランド軍とロバート1世ブルースの率いるスコットランド軍が,スコットランドにおけるイングランドの最後の拠点であったスターリング城をめぐってここで戦い兵力において圧倒的に優勢であったイングランド軍が大敗。この勝利によりスコットランドの独立が確立された(→バノックバーンの戦い)。人口 7396(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のバノックバーンの言及

【ブルース】より

…はじめ封建的上長のイングランド王に服したが,のちこれと対決してスクーンで即位(1306)。独立戦争を遂行して,1314年バノックバーンでエドワード2世を撃破した。20年貴族らはローマ教皇あてに〈独立宣言〉を送り,3年後に教皇はブルースをスコットランド王と認めた。…

※「バノックバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android