コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バノックバーン Bannockburn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バノックバーン
Bannockburn

イギリススコットランド中部,スターリング南東部の町。行政府所在地スターリングの南南東 3kmにあり,フォース川の支流バノック川に沿う。地名はゲーリック語で「白く輝く川」の意。18~19世紀にはタータンなどの織物や絨毯の製造で知られた。1314年6月23~24日エドワード2世指揮下のイングランド軍とロバート1世ブルースの率いるスコットランド軍が,スコットランドにおけるイングランドの最後の拠点であったスターリング城をめぐってここで戦い,兵力において圧倒的に優勢であったイングランド軍が大敗。この勝利によりスコットランドの独立が確立された(→バノックバーンの戦い)。人口 7396(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バノックバーン(Bannockburn)

英国スコットランド中部の都市スターリング南郊の村。バノックバーンの戦いの舞台として知られる。スコットランド独立の経緯を紹介する資料館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバノックバーンの言及

【ブルース】より

…はじめ封建的上長のイングランド王に服したが,のちこれと対決してスクーンで即位(1306)。独立戦争を遂行して,1314年バノックバーンでエドワード2世を撃破した。20年貴族らはローマ教皇あてに〈独立宣言〉を送り,3年後に教皇はブルースをスコットランド王と認めた。…

※「バノックバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バノックバーンの関連キーワードクリフォード(男家)ブルースダグラス

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android