コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バハーウッラー廟 バハーウッラービョウ

デジタル大辞泉の解説

バハーウッラー‐びょう〔‐ベウ〕【バハーウッラー廟】

Shrine of Baha'u'llah》イスラエル北部の都市アッコの北西郊にある霊廟。バハーイー教の創始者バハーウッラーを祭り、バハーイー教徒の重要な巡礼地の一つとして知られる。ハイファバーブ廟、およびバハーイー庭園とともに、2008年に「ハイファと西ガリラヤのバハーイー教聖地群」の名称で新宗教の宗教施設として初めて世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バハーウッラー廟の関連キーワードザルカールサセックス王国デイラ王国バハーウッディーンザカリア廟バハーウルハック廟骨固定型補聴器バーブ廟ナゴールダルガー寺院アギナルド記念館バヤジッドボスタミ廟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android