バフェイオ杯(読み)バフェイオはい(英語表記)Vapheio cup

世界大百科事典 第2版「バフェイオ杯」の解説

バフェイオはい【バフェイオ杯 Vapheio cup】

ギリシアのスパルタ南方にある同名の丘のトロスから発見された1対の黄金杯。ともにコップ形で,やや下細りになる垂直な側面をもち,平板な把手が口縁部に水平につく。口径はともに10.8cmだが,高さは7.9cmと8.4cmと小差がある。器体の側面全面にわたるみごとな打出し手法の浮彫によって有名である。図柄はともに牛の捕獲を描いたものである。一つの杯は網で野生の牛を捕らえる場面で,網にかかった1頭,捕獲者を角にかけて逃げ出す1頭,走り去る1頭を描く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android