バラーキレフ

百科事典マイペディアの解説

バラーキレフ

ロシアの作曲家,ピアノ奏者,指揮者。バラキレフとも。ロシア国民楽派(五人組)の中心人物。ニジニ・ノブゴロドに生まれ,早くからピアノを学ぶ。1855年ペテルブルグに出てグリンカの知遇を得,翌年ピアノ奏者,作曲家としてペテルブルグでデビュー。その周囲に集う音楽家仲間に1861年リムスキー・コルサコフボロジンが加わり,ロシア国民楽派が形成された。1862年には無料音楽学校を設立し,またボルガ川流域で採集した民謡を《ロシア民謡集》(1866年)として出版。1867年ロシア音楽協会の指揮者に就任するが2年後に解任され,音楽界を去る。10年間の隠遁(いんとん)生活ののち1879年に復帰するが,すでに影響力を失い,作曲家としては大成せずに終わった。作品に,難曲として知られるピアノ曲《イスメライ》(1869年),交響詩《タマーラ》(1867年−1882年)など。→ムソルグスキー
→関連項目キュイグラズノフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バラーキレフ【Milii Alekseevich Balakirev】

1837‐1910
ロシアの作曲家,ピアニスト,指揮者。ニジニ・ノブゴロド(現,ゴーリキー)に生まれ,1855年末にペテルブルグに出てグリンカと知り合い活発な音楽活動に入った。彼を指導者として,国民主義的音楽(ロシア国民楽派)を目ざす若い音楽家が集まった(〈五人組〉と呼ばれる)。62年無料音楽学校を組織して,同年に開設されたペテルブルグ音楽院アカデミズムと鋭く対立した。67‐69年ロシア音楽協会の指揮者に任ぜられて最高の権威を誇ったが,確執の後に解任され,一時は音楽界を引退した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバラーキレフの言及

【ドゥムカ】より

…その流れを汲んで,チェコではヤナーチェク,スーク,ノバークVitězslav Novák(1870‐1949)らもこの曲名を用いている。ロシアでは,チャイコフスキーのピアノ曲《ドゥムカ(ロシアの農村風景)》作品59(1886)やバラーキレフのピアノ曲《ドゥムカ変ホ調》(1900)に例が見られる。【森田 稔】。…

【ロシア国民楽派】より

…1850年代の終りから70年代にかけて,民主的な思想の高まりを背景として活躍したロシアの作曲家の集団。ロシア語では〈新ロシア楽派〉〈バラーキレフ・グループ〉あるいは〈力強い一団(仲間)Moguchaya kuchka〉(スターソフが最初に用いた呼び名),フランス語で〈五人組Groupe des Cinq〉などとも呼ばれる。 文学ではチェルヌイシェフスキーやドブロリューボフを中心に《現代人》誌に集まったグループ,絵画では〈芸術家組合Artel’ khydozhnikov〉や〈移動展派〉のグループが生まれたが,それらと同様な立場にある。…

※「バラーキレフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android