コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリキャップ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バリキャップ
ばりきゃっぷ
Varicap

半導体の接合容量を逆方向電圧により可変にした可変容量ダイオードの商品名。バラクターともいうが、これはとくにマイクロ波、ミリ波領域のものをいうことが多い。シリコン結晶を用いた拡散型pn接合ダイオードをガラス封止したものを用いるが、マイクロ波以上の高い周波数ではヒ化ガリウムのショットキー障壁ダイオードをセラミック封止して用いる。数ボルトの電圧変化で静電容量が数倍変化し、優れた共振特性が得られるので、VHF、UHFのテレビ用チューナー、AM、FMのラジオ用チューナーの電子同調部品として広く用いられるほか、パラメトリック増幅、周波数逓倍(ていばい)、周波数変調、自動周波数制御などの電子回路に使用される。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バリキャップの関連キーワード電子チューナーPLL

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android