コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン同盟 バルカンどうめい

大辞林 第三版の解説

バルカンどうめい【バルカン同盟】

1912年ロシアの指導下に結成された、ブルガリア・セルビア・ギリシャ・モンテネグロによる対オスマン帝国同盟。第二次バルカン戦争により崩壊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルカン同盟
ばるかんどうめい
Balkan League

1912年3~10月にかけて、バルカンセルビアブルガリアギリシアモンテネグロ各国間に個別に結ばれた防衛同盟の総称。バルカン連盟ともいう。4国のなかで、とくにセルビアとブルガリアは民族運動の後れていたマケドニア地方に対する領土的利害が対立し、相互の協力関係は進展しなかった。しかし、国際情勢の変化に加え、ロシアの強い働きかけで、1911年10月からセルビア・ブルガリア同盟条約締結の交渉が始められ、1912年3月に両国の同盟が成立した。続いて5月にギリシア・ブルガリア間、9月にブルガリア・モンテネグロ間、10月にセルビア・モンテネグロ間の同盟条約が調印され、バルカン同盟が形成された。セルビア・ブルガリア同盟条約では、オーストリアハンガリー帝国を共同の敵国とみなす条項もみられたが、バルカン同盟はオスマン帝国に対する共同防衛第一義として掲げ、対トルコ戦争勝利後の相互の領土分配を規定していた。[柴 宜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバルカン同盟の言及

【バルカン戦争】より

… 19世紀に政治的独立を達成したバルカン諸国は不安定な内政や領土問題のために20世紀初頭から軍事化の傾向を強めた。西欧列強はオスマン帝国領マケドニアの改革問題に干渉したが結着をみず,ブルガリアはロシアの了解のもとに1912年にセルビア(のちにモンテネグロも)およびギリシアとバルカン同盟を結んだ。1911‐12年のイタリア・トルコ戦争でオスマン帝国が弱体化したのに乗じ,12年10月同盟軍はオスマン帝国に宣戦した。…

※「バルカン同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バルカン同盟の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史大正准州ヤマサキバーブ明治天皇ジゴマ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone