コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルカン連邦構想 バルカンれんぽうこうそう

1件 の用語解説(バルカン連邦構想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルカン連邦構想
バルカンれんぽうこうそう

バルカン諸国を連邦に統合しようとする計画。 19世紀後半にバルカン諸国が独立して以降,それらを連邦ないし連合に結合しようとするいくつかの計画が立てられたが,20世紀に入り各国社会党バルカン社会主義連邦を提唱,コミンテルンがそれを継承してから計画は具体性を帯びた。第2次世界大戦期にこの構想が再燃し,戦後 1947年にユーゴスラビアのチトーがブルガリアの G.ディミトロフとともに関税同盟を手始めに連邦構想を進めようとしたが,48年1月に『プラウダ』紙に激しく批判され,ユーゴスラビアのコミンフォルムからの追放もあって立消えになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone