コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)消え タチギエ

デジタル大辞泉の解説

たち‐ぎえ【立(ち)消え】

火が燃え上がらずに中途で消えてしまうこと。
事件・計画などがいつの間にかなくなること。「旅行の話が立ち消えになる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)消えの関連キーワード対フィリピン多国間援助構想ヨーロッパ防衛共同体ニューアルビオンバルカン連邦構想OTHドッグレース竹鶴政孝出版中途

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android