コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデス・レアール バルデス・レアールValdés Leal, Juan de

1件 の用語解説(バルデス・レアールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルデス・レアール
Valdés Leal, Juan de

[生]1622.5.4. セビリア
[没]1690.10.15. セビリア
スペインの画家。銅版画も得意とした。初め先輩の B.ムリリョの影響を受けたが,次第に独自の作風を展開し,アンダルシア地方,バロック宗教画の最大の画家の一人となる。短期間マドリード滞在以外はコルドバとセビリアで活躍。主要作品はコルドバのカルメリタス・カルザドス僧院の祭壇画 (1658) ,『聖ヒエロニムス伝』 (セビリア美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルデス・レアールの関連キーワード財政投融資福山港安東省庵上田城コリャード信長記スピノラ千宗室立入宗継支倉常長

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone