コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルデス派福音主義 バルデスはふくいんしゅぎ

世界大百科事典 第2版の解説

バルデスはふくいんしゅぎ【バルデス派福音主義】

スペインの神学者バルデスJuan de Valdés(1500ころ‐41)が,おもにナポリの都市上流貴族社会のサークルに1530年ころから広めた福音主義の思想を指し,イタリア宗教改革史の第1期を特徴づける。ルターやセルベトゥスの思想に近い反面,エラスムス的原理に立脚しつつ教会の形式や教義に対する無関心,内面生活への逃避,福音と使徒的生活の実践と信仰への回帰を説く点で,カトリックの内部改革の枠内にとどまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バルデス派福音主義の関連キーワードエル・エスコリアルコフマンスペイン美術中南米映画サンファンデロスレイエス修道院サンフアン島ドンジュアンバイロン伝フアンフェルナンデス諸島エル・エスコリアル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android