セルベトゥス

世界大百科事典 第2版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511‐53
スペインの医者,自由思想家。スペイン名ミゲル・セルベトMiguel Serveto。生年については異説もある。サラゴサトゥールーズに学び欧州各地を遍歴,主としてフランスで活動した。宗教改革者たちとの交わりを得たが,その考えはさらに急進的で,三位一体,キリストの神性,幼児の洗礼を否定した。処女作《三位一体論誤謬》は20歳のときの出版で,思想的には成熟していないが,ユダヤ教イスラム教との調和をはかろうとする意図があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android