コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルベトゥス Michael Servetus

大辞林 第三版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511~1553) スペインの医者・人文学者。コロンボに先立ち、血液の肺循環説を唱えた。また、三位一体を否定、新旧両派より異端とされ、カルバンの手で焚刑に処せられたが、その死は宗教的寛容についての論議をよんだ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セルベトゥス

スペインの医学者,神学者。血液の肺循環を発見。キリスト教の正統的解釈,三位一体説を批判し,極端な人間中心的信仰を説いたため新旧両派から異端として迫害され,カルバンによってジュネーブ火刑

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511‐53
スペインの医者,自由思想家。スペイン名ミゲル・セルベトMiguel Serveto。生年については異説もある。サラゴサトゥールーズに学び欧州各地を遍歴,主としてフランスで活動した。宗教改革者たちとの交わりを得たが,その考えはさらに急進的で,三位一体,キリストの神性,幼児の洗礼を否定した。処女作三位一体論誤謬》は20歳のときの出版で,思想的には成熟していないが,ユダヤ教イスラム教との調和をはかろうとする意図があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セルベトゥスの関連キーワードイブン・アンナフィースバルデス派福音主義カステリヨンユニテリアンコロンボ血液循環論議

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android