セルベトゥス(英語表記)Michael Servetus

大辞林 第三版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511~1553) スペインの医者・人文学者。コロンボに先立ち、血液の肺循環説を唱えた。また、三位一体を否定、新旧両派より異端とされ、カルバンの手で焚刑に処せられたが、その死は宗教的寛容についての論議をよんだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511‐53
スペインの医者,自由思想家。スペイン名ミゲル・セルベトMiguel Serveto。生年については異説もある。サラゴサトゥールーズに学び欧州各地を遍歴,主としてフランスで活動した。宗教改革者たちとの交わりを得たが,その考えはさらに急進的で,三位一体,キリストの神性,幼児の洗礼を否定した。処女作三位一体論誤謬》は20歳のときの出版で,思想的には成熟していないが,ユダヤ教イスラム教との調和をはかろうとする意図があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android