コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルベトゥス Michael Servetus

3件 の用語解説(セルベトゥスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511~1553) スペインの医者・人文学者。コロンボに先立ち、血液の肺循環説を唱えた。また、三位一体を否定、新旧両派より異端とされ、カルバンの手で焚刑に処せられたが、その死は宗教的寛容についての論議をよんだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セルベトゥス

スペインの医学者,神学者。血液の肺循環を発見。キリスト教の正統的解釈,三位一体説を批判し,極端な人間中心的信仰を説いたため新旧両派から異端として迫害され,カルバンによってジュネーブで火刑。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

セルベトゥス【Michael Servetus】

1511‐53
スペインの医者,自由思想家。スペイン名ミゲル・セルベトMiguel Serveto。生年については異説もある。サラゴサトゥールーズに学び欧州各地を遍歴,主としてフランスで活動した。宗教改革者たちとの交わりを得たが,その考えはさらに急進的で,三位一体キリストの神性,幼児の洗礼を否定した。処女作《三位一体論の誤謬》は20歳のときの出版で,思想的には成熟していないが,ユダヤ教イスラム教との調和をはかろうとする意図があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

セルベトゥスの関連キーワード自由思想家自由思想組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン岬の謎ガニベト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone