コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルビツル酸 バルビツルさんbarbituric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルビツル酸
バルビツルさん
barbituric acid

化学式は C4H4N2O3 。マロニル尿素ともいう。生体中ウラシルの分解過程で生成する含窒素ヘテロ環化合物で,水に可溶,水溶液は酸の性質をもつ。これはさらに分解し尿素とマロン酸になる。バルビツル酸の誘導体は 1865年,ドイツの A.バイエルによって尿中の尿酸と,リンゴに含まれるマロン酸から合成され,82年に初めて医学的に利用された。催眠剤として応用されるものが多く,トランキライザが開発されるまでは,鎮静,催眠剤の主役であった。代表的なものとしては,最初に臨床上に応用されたベロナール (バルビタール) ,第2の転機となったルミナール (フェノバルビタール) などがあり,合計 2500種以上,臨床で用いられるものだけでも 60種以上を数える。作用発現までの時間で分類されるほか,作用機序から腎臓排泄型,肝臓で変化し腎臓から排泄される型,主として肝臓で変化する型などに分けられる。使用上の注意は,(1) 肝・腎障害時は避ける,(2) 肥満者,刺激伝導系障害,呼吸困難などのある者には注意が必要,(3) ショック時は使用不可。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バルビツル酸の関連キーワードペントバルビタールカルシウムチオペンタールナトリウムシクロバルビタールアモバルビタールバルビツール酸ピクロトキシンサリドマイドマロニル尿素スルピリンマロン酸バイエル睡眠薬環化可溶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android