コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルーン拡張術 バルーンカクチョウジュツ

1件 の用語解説(バルーン拡張術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バルーンかくちょう‐じゅつ〔‐クワクチヤウ‐〕【バルーン拡張術】

バルーンバルーンを装着したカテーテル内視鏡を使用して、尿道血管消化管などの狭窄・閉塞した部分を拡張する治療技術。
[補説]バルーンカテーテルを用いる経皮的血管形成術(PTCA)の他に、尿道にバルーンを挿入して排尿障害を改善する治療法や、バルーンを装着した内視鏡を使用して消化管・胆管気管支などの狭窄・閉塞を拡張する治療法など(経皮的バルーン拡張術)があり、前立腺肥大や、食道アカラシア総胆管結石クローン病に伴う狭窄、気管支狭窄などの治療に用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルーン拡張術の関連情報