コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルーン拡張術 バルーンカクチョウジュツ

デジタル大辞泉の解説

バルーンかくちょう‐じゅつ〔‐クワクチヤウ‐〕【バルーン拡張術】

バルーンやバルーンを装着したカテーテル内視鏡を使用して、尿道血管消化管などの狭窄・閉塞した部分を拡張する治療技術。
[補説]バルーンカテーテルを用いる経皮的血管形成術(PTCA)の他に、尿道にバルーンを挿入して排尿障害を改善する治療法や、バルーンを装着した内視鏡を使用して消化管・胆管気管支などの狭窄・閉塞を拡張する治療法など(経皮的バルーン拡張術)があり、前立腺肥大や、食道アカラシア総胆管結石クローン病に伴う狭窄、気管支狭窄などの治療に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バルーン拡張術の関連キーワード食道アカラシア

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android