コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンダレホメイニ Bandar-e Khomeinī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンダレホメイニ
Bandar-e Khomeinī

1979年まではバンダレシャープールと呼ばれた。イラン南西部,フージスターン州の都市。アバダン東北東 88km,ペルシア湾の入江にのぞむ海港で,イラン縦断鉄道の南の起点。 32年開港,第2次世界大戦中は連合国の対ソ援助ルートとして重要な役割を果した。その後,石油積出港として重要。飛行場がある。イラン=イラク戦争で大きな被害を受けた。人口約 6000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バンダレホメイニの関連キーワード近藤芳美荒川洋治金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーキリバスシーゲル立松和平土田ヒロミ富岡多恵子深瀬昌久

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android