コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンティング療法 バンティングりょうほうbantingism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンティング療法
バンティングりょうほう
bantingism

イギリスの W.バンティング (1797~1878) の名を取った食事療法。バンティングが耳をわずらって耳鼻科医の診察を受けたところ,肥満が原因とされ,その医師の指導に従って脂肪,デンプン,糖分の摂取を厳禁,新鮮な肉や魚をおもにとるようにして体重 20kgの減量に成功し,健康も回復した。この体験を 1863年にパンフレットにまとめて売出したところ,飛ぶように売れ,一気に普及した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バンティング療法の関連キーワードティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュピンクリボン運動全国自治体議会アンケート

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android