コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンピーロフ バンピーロフVampilov, Aleksandr Valentinovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンピーロフ
Vampilov, Aleksandr Valentinovich

[生]1937. イルクーツク,クトゥリフ
[没]1972
ソ連の劇作家。 1960年イルクーツク大学卒業。在学中から執筆活動を始め,ジャーナリストを経て,劇作家となる。若くしてバイカル湖で溺死したが,死後その戯曲が高く評価され,海外でも上演される。代表作に,世代間の相克を描いた『六月の別れ』 (1965) ,現代社会の不毛を鋭く描き出した『鴨猟』 (67) ,『去年の夏チェリムスクで』 (71) をはじめ,一幕物『天使と 20分』 (1962) や,『上の息子』 (67) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンピーロフ
ばんぴーろふ
Александр Валентинович Вампилов Aleksandr Valentinovich Vampilov
(1937―1972)

ソ連の劇作家。イルクーツク州クトゥリクに生まれる。1960年イルクーツク大学文学部卒業。在学中から短編やルポを書き、やがて劇作の道に入った。作品に、『6月の別れ』(1966)、『上の息子』(1970)、『鴨猟(かもりょう)』(1970)、『去年の夏、チュリムスクで』(1972)などの多幕物、『天使と20分』(1970)、『メトランパーシの物語』(1971)などの一幕物がある。イルクーツクに永住、バイカル湖でボートの転覆事故で溺死(できし)したが、死後、優れた筋立てで人間心理を深く洞察したそれらの作品が評価され、海外でも上演されるようになった。[中本信幸]
『桜井郁子訳『天使と二十分――ヴァムピーロフ作品集』(1983・夏の書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バンピーロフの関連キーワードロシア演劇