コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バークリー台地 バークリーだいちBarkly Tableland

2件 の用語解説(バークリー台地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バークリー台地
バークリーだいち
Barkly Tableland

オーストラリア,ノーザンテリトリー中央部のニューカッスルウォーターズ付近からクイーンズランド州のカムウィール付近まで,北西~南東に約 550kmにわたって広がるきわめて平坦な平原状の台地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バークリー台地
ばーくりーだいち
Barkly Tableland

オーストラリア北部、カーペンタリア湾の南西に広がる平坦(へいたん)な台地。標高200~300メートル、面積約13万平方キロメートル。肉牛が放牧されている。マウント・アイザからダーウィンに向かう幹線道路が通っている。1861年W・ランズバラが横断し、ビクトリア総督の名にちなんで命名した。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone