バーク堆肥(読み)バークたいひ

大辞林 第三版の解説

バークたいひ【バーク堆肥】

コルク化した樹皮を材料にした堆肥。吸湿性や通気性にすぐれる。樹皮堆肥。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バークたいひ【バーク堆肥】

木質堆肥ともいう。パルプ・木材加工工場からの木質廃材とくに樹皮(バーク)を主原料とし,堆積,腐熟させた堆肥。特殊肥料として20種ほどの製品が市販されており,年間の消費量は30万tほどになる。普通は木質廃材をしばらく野積みしてから粉砕して,直径3~5mm以下の粗砕物とする。この粗砕物1tに乾燥鶏糞(けいふん)50kg,尿素10kg,硫安20kgほどをまぜて,枠のなかに1.5~2mの高さで容積160m3ほどに堆積する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーク堆肥の関連情報