コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーク堆肥 バークたいひ

2件 の用語解説(バーク堆肥の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

バークたいひ【バーク堆肥】

コルク化した樹皮を材料にした堆肥。吸湿性や通気性にすぐれる。樹皮堆肥。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バークたいひ【バーク堆肥】

木質堆肥ともいう。パルプ・木材加工工場からの木質廃材とくに樹皮(バーク)を主原料とし,堆積,腐熟させた堆肥。特殊肥料として20種ほどの製品が市販されており,年間の消費量は30万tほどになる。普通は木質廃材をしばらく野積みしてから粉砕して,直径3~5mm以下の粗砕物とする。この粗砕物1tに乾燥鶏糞(けいふん)50kg,尿素10kg,硫安20kgほどをまぜて,枠のなかに1.5~2mの高さで容積160m3ほどに堆積する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーク堆肥の関連情報