コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バージェス頁岩 バージェスけつがんBurgess shale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バージェス頁岩
バージェスけつがん
Burgess shale

カナダのロッキー山脈中にある約5億年前のカンブリア紀の地層。 1909年,古生物学者のウォルコット頁岩中に膨大な化石群を発見した。化石の生物はバージェス動物群と呼ばれ,これまでの分類体系に属さない珍種,生物学上の「孤児」が 20種以上も発見された。魚と昆虫の合体したようなネクトカリス,歯の生えたヒルそっくりのオドントグリフス,7対の長いトゲを持ち,体の反対側に7本の触手をゆらめかす異様なハルキゲニアなどがそれらである。頁岩は通常の岩石中では化石として残りにくい無脊椎動物化石を多く含み,生物進化研究の貴重な資料となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バージェス‐けつがん【バージェス×頁岩】

Burgess shale》カナダのロッキー山脈にあるカンブリア紀中期の地層。1910年代から1930年代にかけて無脊椎(せきつい)動物の化石が多数発見された。1970~1980年代の再研究によって、新種の節足動物や既存のどの動物門にも入らない動物が数十種も判明し注目された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バージェス頁岩の関連キーワードカナディアンラーガー・シュテッテンヨーホー国立公園カンブリア爆発

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android