コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バートクロイツナハ Bad Kreuznach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バートクロイツナハ
Bad Kreuznach

ドイツ西部,ラインラントファルツ州の都市。マインツの南西約 30km,ライン川中流部左岸の支流ナーエ川沿いにあり,ローマ時代には城塞があった。 819年にはカロリング朝の宮殿が建てられ,1065年シュパイアー司教領,1241年シュポンハイム伯領となり,90年都市権獲得。 1565年以降バイエルンのファルツ領となる。三十年戦争以降衰えたが,1815年プロシアに編入されてから,温泉保養地として復興。ワイン産地ナーエ川流域の中心都市としてワイン取引のほか,光学機器製造,皮革加工などの工業も立地。人口4万 950 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android