コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーベル(英語表記)barbell

翻訳|barbell

百科事典マイペディアの解説

バーベル

ウェイトリフティングボディビルディングウェイト・トレーニングなどで使用する器具。1本のバーの両端に鉄製円盤をいくつかはめ込んで重量を加減できるようにしたもの。ウェイトリフティング競技用のものは全長2.20m,円盤の間隔1.31m以上,最大円盤の直径45cm以下。→ダンベル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

バーベル【barbell】

鉄棒の両端に鉄の円板のおもりをつけたもの。重量挙げやウエート-トレーニングなどに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーベル
ばーべる
barbell

ウエイトリフティング(重量挙げ)、筋力トレーニング、ボディビルディングなどに用いられる鋼鉄製の器具。バー(鉄の心)とディスク(円盤)とカラー(留め金)の3部分からなる。バーは、ウエイトリフティングの場合、男子用が重量20キログラム、長さ2.2メートル、直径2.8センチメートル、女子用が重量15キログラム、長さ2.01メートル、直径2.5センチメートルの構造を有し、バーのグリップ部分の長さは1.31メートルと規定されている。ディスクは、一枚の重量が0.5キログラム、1キログラム、1.5キログラム、2キログラム、2.5キログラム、5キログラム、10キログラム、15キログラム、20キログラム、25キログラムの各種に規定されている。
 しかしトレーニングに使用される場合には、シャフトやディスクも適当な長さや重量に決めて差し支えない。両端を同じ重量にするので、ディスクはそれぞれ偶数枚ずつ用意される。重量を正確に知ることができるので、スポーツマンの筋力負荷トレーニングなどにはきわめて効果的である。バーベルの小型のものにダンベルがある。[太田昌秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバーベルの言及

【ウェイトリフティング】より

…バーベルを一定の方法でもち上げて,その挙上重量を競う競技。重量挙げともいう。…

※「バーベル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーベルの関連情報