コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイジェッロ

3件 の用語解説(パイジェッロの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パイジェッロ

パイジェロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

パイジェッロ

イタリアの作曲家。18世紀後半に成功を収めたナポリ楽派オペラの作曲家として知られている。オペラの作品数は80曲を上回る。なかでも《水車小屋の娘》(1788)は、ベートーヴェンがこのオペラにテーマを ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイジェッロ
ぱいじぇっろ
Giovanni Paisiello
(1740―1816)

イタリアの作曲家。80曲以上のオペラを残しており、とくにオペラ・ブッファモーツァルトに匹敵する才能を発揮し、チマローザとともにロッシーニ以前のイタリア・オペラの代表者に数えられる。ナポリのサントノフリオ音楽院でF・ドゥランテらに師事。1776~84年ペテルブルグ宮廷楽長、87年よりナポリ宮廷楽長。1802~04年ナポレオンの招きでパリに滞在。晩年はナポリに住んだが、政争に巻き込まれ不遇であった。代表作は、モーツァルトの『フィガロの結婚』に影響を与えた『セビーリャの理髪師』(1782)、有名なアリアを含む『水車屋の乙女』(1788、アリア「うつろの心」)、『ニーナ』(1789、アリア「いつの日君帰る」)、『市の日のジプシー』(1789、アリア「ジプシー娘にご用はどなた」)など。[大久保一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パイジェッロの関連キーワードスカルラッティチェルニートスカニーニドニゼッティウィーン古典派ダカーポアリアベッリーニマリピエロヴァーゲンザイルコジェルフ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パイジェッロの関連情報