コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイジェッロ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイジェッロ
ぱいじぇっろ
Giovanni Paisiello
(1740―1816)

イタリアの作曲家。80曲以上のオペラを残しており、とくにオペラ・ブッファにモーツァルトに匹敵する才能を発揮し、チマローザとともにロッシーニ以前のイタリア・オペラの代表者に数えられる。ナポリのサントノフリオ音楽院でF・ドゥランテらに師事。1776~84年ペテルブルグ宮廷楽長、87年よりナポリ宮廷楽長。1802~04年ナポレオンの招きでパリに滞在。晩年はナポリに住んだが、政争に巻き込まれ不遇であった。代表作は、モーツァルトの『フィガロの結婚』に影響を与えた『セビーリャの理髪師』(1782)、有名なアリアを含む『水車屋の乙女』(1788、アリア「うつろの心」)、『ニーナ』(1789、アリア「いつの日君帰る」)、『市の日のジプシー』(1789、アリア「ジプシー娘にご用はどなた」)など。[大久保一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パイジェッロの関連キーワードベートーヴェン:パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」の二重唱「わが心もはやうつろになりて」による6つの変奏曲/piano soloプッチーニ, ドメニコオペラ(舞台芸術)マンドリンウェーバー5月9日大久保

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android