コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイジェッロ

百科事典マイペディアの解説

パイジェッロ

パイジェロ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

パイジェッロ

イタリアの作曲家。18世紀後半に成功を収めたナポリ楽派オペラの作曲家として知られている。オペラの作品数は80曲を上回る。なかでも《水車小屋の娘》(1788)は、ベートーヴェンがこのオペラにテーマを ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイジェッロ
ぱいじぇっろ
Giovanni Paisiello
(1740―1816)

イタリアの作曲家。80曲以上のオペラを残しており、とくにオペラ・ブッファにモーツァルトに匹敵する才能を発揮し、チマローザとともにロッシーニ以前のイタリア・オペラの代表者に数えられる。ナポリのサントノフリオ音楽院でF・ドゥランテらに師事。1776~84年ペテルブルグ宮廷楽長、87年よりナポリ宮廷楽長。1802~04年ナポレオンの招きでパリに滞在。晩年はナポリに住んだが、政争に巻き込まれ不遇であった。代表作は、モーツァルトの『フィガロの結婚』に影響を与えた『セビーリャの理髪師』(1782)、有名なアリアを含む『水車屋の乙女』(1788、アリア「うつろの心」)、『ニーナ』(1789、アリア「いつの日君帰る」)、『市の日のジプシー』(1789、アリア「ジプシー娘にご用はどなた」)など。[大久保一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パイジェッロの関連キーワードベートーヴェン:パイジェッロの歌劇「水車屋の娘」の二重唱「わが心もはやうつろになりて」による6つの変奏曲/piano soloプッチーニ, ドメニコオペラ(舞台芸術)マンドリンウェーバー5月9日大久保

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android