コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイジェロ パイジェロ Paisiello, Giovanni

3件 の用語解説(パイジェロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パイジェロ
パイジェロ
Paisiello, Giovanni

[生]1740.5.9. タラント
[没]1816.6.5. ナポリ
イタリアの作曲家。 1755~59年ナポリのサント・オノフリオ音楽院に学び,63年以来オペラ作曲家として活躍。 76年よりペテルブルグロシア女帝エカテリーナ2世に仕え,『セビリアの理髪師』 (1782) などを上演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パイジェロ

イタリアの作曲家。パイジェッロともいう。イタリア南部のターラントに生まれ,ナポリの音楽院で学ぶ。同地でオペラ・ブッファオペラ)の作曲家として名を上げ,1776年−1784年エカチェリナ2世に招かれてペテルブルグの宮廷楽長を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パイジェロ【Giovanni Paisiello】

1740‐1816
18世紀後半を代表するイタリア喜歌劇の作曲家。ナポリで教育をうけ,喜歌劇(オペラ・ブッファ)の作曲家として名声をあげたのち,1776年ロシアのエカチェリナ2世から宮廷楽長として招きを受け,84年まで同地にとどまった。その間に発表したのが,軽妙で劇的効果に富む《セビリャの理髪師》(1782)である。この曲は,のちにロッシーニが同一題材を取り上げるまで揺るぎのない名声を保った。事実ロッシーニは,多くの着想をパイジェロから受け継いでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のパイジェロの言及

【セビリャの理髪師】より

…数多くの作曲家がオペラ化しているが,次の2作が有名である。(1)ロシアのエカチェリナ2世に宮廷作曲家として仕えていたイタリアの作曲家G.パイジェロが1782年ペテルブルグで初演した2幕4場のオペラ。D.O.ペトロセリーニの台本による。…

【ロシア・ソビエト音楽】より

… 1730年代に入ると,ロシアの宮廷に直接西欧から音楽が輸入され始めた。1735年以来長くロシアに滞在したイタリアの作曲家アラヤFrancesco Araja(1709‐70?)を草分けとして,ガルッピBaldassare Galuppi(1706‐85),トラエッタTommaso Traetta(1727‐79),パイジェロ,サルティGiuseppe Sarti(1729‐1802),チマローザといった一流のイタリア人作曲家が,エカチェリナ2世(在位1762‐96)の宮廷楽長としてペテルブルグに滞在した。イタリアをはじめ西欧から多くの音楽家が雇われて,ロシアの宮廷や大貴族の下で演奏やロシア人音楽家の教育に当たった。…

※「パイジェロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パイジェロの関連キーワードバロックイタリアン喜歌劇バキールモスク愛の妙薬ドン・パスクワーレ秘密の結婚バローロパイジェッロイタリア喜劇団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone