コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パイロライト pyrolite

岩石学辞典の解説

パイロライト

(1) 高温度の深部からもたらされた火成岩[Preo-brazhensky : 1956].(2) 上部マントルの代表と考えられる物質で,1/4を玄武岩,3/4をダナイトの組成としたもの[Green & Ringwood : 1963].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パイロライト【pyrolite】

上部マントルを構成する初源的物質として,リングウッドA.E.Ringwoodによって提唱された仮想的岩石。おもに輝石pyroxeneとカンラン石olivineとからなると考えられるので,この名称が与えられた。パイロライトは玄武岩とダナイト(カンラン岩の一種)が1:3の割合で混合した組成をもつと想定されている。これが分別融解すると玄武岩マグマが生じるが,それは地質時代を通じて地殻に付加され,結果として上部マントルの一部にはダナイトや同じくカンラン岩の一種ハルツバージャイトが蓄積されていると考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パイロライトの関連キーワードマントル(地球内部)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android