パウルス5世(読み)パウルスごせい(英語表記)Paulus V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウルス5世
パウルスごせい
Paulus V

[生]1552.9.17. ローマ
[没]1621.1.28. ローマ
教皇 (在位 1605~21) 。卓越した教会法学者。本名 Camillo Borghese。 1593年スペインへの特使,96年枢機卿。教皇権の再興をはかってベネチア共和国,イギリスと対立。東洋への布教を促進し,オラトリオ会などの新興修道会を公認。芸術の愛好家として多くの建築物を建立。親族を重用してボルゲーゼ家を繁栄させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

パウルス5世

生年月日:1552年9月17日
教皇(在位1605〜21)
1621年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android