コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パウロ行伝 パウロぎょうでんActs of Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パウロ行伝
パウロぎょうでん
Acts of Paul

新約聖書外典の一書。その存在は2世紀から知られていたが,1905年 C.シュミットが6世紀のコプト語によるハイデルベルク・パピルスから再構成した。パウロ行伝,パウロとテクラ行伝,ペテロとパウロ行伝,および殉教から成る。内容は小アジアでの使徒の伝道活動で,神学的というよりは物語的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パウロぎょうでん【パウロ行伝 Acts of Paul】

新約外典の一つ。教父たち(テルトゥリアヌス,ヒッポリュトス,オリゲネスなど)によってその存在が証言されていたが,1894年に発見されたコプト語の〈ハイデルベルク・パピルス〉によってその内容が明らかになった。パウロと女性伝道者テクラの宣教活動を描く《パウロとテクラの行伝》と,それまで別の文書と考えられていた《パウロの殉教》およびパウロの《コリント人への第3の手紙》とを含むと考えられている。テルトゥリアヌスによれば,2世紀末に小アジアの教会の長老によって執筆されたが,彼はそのことのゆえに職を追われたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パウロ行伝の関連キーワードペテロ行伝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android