コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パオン寺院 パオンジイン

2件 の用語解説(パオン寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パオン‐じいん〔‐ジヰン〕【パオン寺院】

Candi Pawon》インドネシア、ジャワ島中部のボロブドゥール仏教遺跡の近くにある寺院。9世紀初期、シャイレーンドラ朝時代に建造。高さ12メートルの石造の段台と堂があり、壁に浮き彫りが施されている。1903年にオランダによって修復。1991年に近郊のムンドゥッ寺院とともに「ボロブドゥール寺院遺跡群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

パオンじいん【パオン寺院】

インドネシアのジャワ島中部の都市ジョクジャカルタ郊外にある仏教寺院遺跡。ボロブドゥール寺院遺跡群の一つで、ボロブドゥールとムンドゥット寺院を結ぶ直線の中間に位置している小さな寺院跡である。◇正式名称は「Candi Pawon」。パオン(パウォン)寺院、ボロブドゥール、ムンドゥット寺院は、巨大な仏教複合構造物を形成していたのではないかと推測されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パオン寺院の関連キーワードインドネシア語派ジョクジャカルタバンタムジャガタラタマンサリガジャマダ大学コタグデンガスム鳥市場マゲランジャワ種 (Java)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone