コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パオン寺院 パオンジイン

デジタル大辞泉の解説

パオン‐じいん〔‐ジヰン〕【パオン寺院】

Candi Pawon》インドネシア、ジャワ島中部のボロブドゥール仏教遺跡の近くにある寺院。9世紀初期、シャイレーンドラ朝時代に建造。高さ12メートルの石造の段台と堂があり、壁に浮き彫りが施されている。1903年にオランダによって修復。1991年に近郊のムンドゥッ寺院とともに「ボロブドゥール寺院遺跡群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

パオンじいん【パオン寺院】

インドネシアのジャワ島中部の都市ジョクジャカルタ郊外にある仏教寺院遺跡。ボロブドゥール寺院遺跡群の一つで、ボロブドゥールとムンドゥット寺院を結ぶ直線の中間に位置している小さな寺院跡である。◇正式名称は「Candi Pawon」。パオン(パウォン)寺院、ボロブドゥール、ムンドゥット寺院は、巨大な仏教複合構造物を形成していたのではないかと推測されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

パオン寺院の関連キーワードパオン寺院アルジュナ寺院群スクー寺院セウ寺院チェト寺院チュト寺院プランバナン寺院群ムンドゥッ寺院ムンドゥット寺院ロロジョングラン寺院

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android