パガン

百科事典マイペディアの解説

パガン

ミャンマー中部,イラワジ川中流東岸の古都。漠字では蒲甘(ほかん)。マンダレーの南西約150kmにある。847年に創建され,11―13世紀はパガン朝の首都であった。付近に歴代の諸王が建立した大小数百基の仏塔遺跡群がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

パガン【Pagan】

ミャンマーの西部、イラワジ川中流東岸に臨む古都。仏教寺院やパゴダが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パガン
ぱがん
Pagan

ミャンマー(ビルマ)中部、イラワディ川の中流東岸にある都市遺跡。9世紀後半この地方に進出したビルマ人の中心地で、11世紀中ごろアノーヤター王が建国したパガン朝の都として繁栄した。1287年中国雲南地方から侵入した元(げん)の遠征軍に占領され、のちシャン人の攻撃をも受けて破壊された。仏教の普及に努めた歴代諸王によって1万3000に及ぶ寺、僧院、パゴダが建立されたといわれ、城壁だけが残る広大な遺跡に約2000の建造物が残っている。アーナンダ寺、タートビンニュ寺、ゴードーパリン寺、シュウェサンドー・パゴダなどの石造建築物は有名である。現在のパガンは小さな村にすぎず、北東3キロメートルのニャウンウがこの遺跡都市の玄関口として、商業・交通の中心となっている。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパガンの言及

【アノーヤター】より

…ミャンマー最初の統一国家パガン朝の実質的創建者。9世紀の中頃からパガン地方を領有してきた支配者の家柄に生まれ,父クンソーチャウンビューを簒奪した義兄ソウカテーを倒して,1044年領主の地位を確保した。…

【パガン朝】より

…ビルマ族による史上最初の統一国家(1044‐1299)。イラワジ川中流の東岸に今も当時の都パガンの跡が残っている。都城のパガンが築かれたのは9世紀中ごろで,イラワジ河畔に点在していたピュー族の小集落19ヵ村がその基礎となった。…

※「パガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パガンの関連情報