コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクダ・カッチャーヤナ Pakudha Kaccāyana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクダ・カッチャーヤナ
Pakudha Kaccāyana

前6~5世紀頃のインド思想家。原始仏教経典のなかで紹介されている六師外道の一人。人間は7つの集合要素 (地,水,火,風,苦,楽,生命) から構成されており,これらの7要素は不変であり,生命を奪うということはありえないとした。だから彼は人を殺してもその人の生命を奪ったことにはならないと考えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パクダ・カッチャーヤナ

前6―前5世紀のインドの自由思想家六師外道)の一人。地水火風と苦・楽・生命の7要素のみの実在をいう唯物論を説いた。
→関連項目自由思想家

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

パクダ・カッチャーヤナの関連キーワードジーバ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android