コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクダ・カッチャーヤナ パクダ・カッチャーヤナPakudha Kaccāyana

2件 の用語解説(パクダ・カッチャーヤナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクダ・カッチャーヤナ
パクダ・カッチャーヤナ
Pakudha Kaccāyana

前6~5世紀頃のインド思想家原始仏教経典のなかで紹介されている六師外道の一人。人間は7つの集合要素 (地,水,火,風,苦,楽,生命) から構成されており,これらの7要素は不変であり,生命を奪うということはありえないとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

パクダ・カッチャーヤナ

前6―前5世紀のインドの自由思想家六師外道)の一人。地水火風と苦・楽・生命の7要素のみの実在をいう唯物論を説いた。
→関連項目自由思想家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone