コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パクダ・カッチャーヤナ パクダ・カッチャーヤナ Pakudha Kaccāyana

2件 の用語解説(パクダ・カッチャーヤナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パクダ・カッチャーヤナ
パクダ・カッチャーヤナ
Pakudha Kaccāyana

前6~5世紀頃のインド思想家原始仏教経典のなかで紹介されている六師外道の一人。人間は7つの集合要素 (地,水,火,風,苦,楽,生命) から構成されており,これらの7要素は不変であり,生命を奪うということはありえないとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パクダ・カッチャーヤナ

前6―前5世紀のインドの自由思想家六師外道)の一人。地水火風と苦・楽・生命の7要素のみの実在をいう唯物論を説いた。
→関連項目自由思想家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

パクダ・カッチャーヤナの関連キーワード韓非原始仏教根本仏教中村元思想家摩訶陀立花俊道平川彰藤田宏達サンジャヤ・ベーラッティプッタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone