コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・セヨン(朴世永) パク・セヨンPak Seyǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・セヨン(朴世永)
パク・セヨン
Pak Seyǒng

[生]光武6(1902).7.7. ソウル
[没]1989.2
朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) の詩人,児童文学者。 1925年のカップの創立に参画。処女作『海辺の乙女』 (1925) を発表して詩人として認められ,詩集『岩つばめ』 (1937) を出した。 1945年の解放後,1946年ソウルから北朝鮮に渡って詩作に励み,詩集『真理』 (1947) を出し,北朝鮮文学芸術同盟書記長を務め,北朝鮮の国歌を作詞 (1947) 。『勝利のラッパ』 (1953) ,『朴世永詩選集』 (1956) などの詩集があり,抒情豊かな作品が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パク・セヨン(朴世永)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門正岡子規熱雲サウド家シング(John Millington Synge)メリエスバルフォアコワニエサムスシャウプ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android