コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・テウォン(朴泰遠) パク・テウォン Pak T'aewǒn

1件 の用語解説(パク・テウォン(朴泰遠)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・テウォン(朴泰遠)
パク・テウォン
Pak T'aewǒn

[生]隆煕3(1909).12.7. ソウル
[没]1986.7.10. 平壌
北朝鮮の作家。号,仇甫。日本の法政大学中退。 1930年代の技巧派作家として知られ,『小説家仇甫氏の一日』 (1934) ,プロットを解体し,客観描写の姿勢を貫いた挿話を重ねて清渓川周辺の庶民の生態をいきいきと描写した『川辺の風景』 (36~37) などの代表作を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パク・テウォン(朴泰遠)の関連キーワードコン