コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パク・テウォン(朴泰遠) パク・テウォンPak T'aewǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パク・テウォン(朴泰遠)
パク・テウォン
Pak T'aewǒn

[生]隆煕3(1909).12.7. ソウル
[没]1986.7.10. 平壌
北朝鮮の作家。号,仇甫。日本の法政大学中退。 1930年代の技巧派作家として知られ,『小説家仇甫氏の一日』 (1934) ,プロットを解体し,客観描写の姿勢を貫いた挿話を重ねて清渓川周辺の庶民の生態をいきいきと描写した『川辺の風景』 (36~37) などの代表作を発表。 45年の解放後北朝鮮に渡り,甲午農民戦争を主題にした長編『夜明けの山河は明るく』 (第1部 65,第2部 66) を発表,解放前からの作家として異彩を放っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パク・テウォン(朴泰遠)の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android