パケットフィルター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パケットフィルター

ルーターの機能を強化して、個々のパケットの単位で通過させたり、禁止したりできるようにしたもの。OSI階層モデルでいうと、ネットワーク層レベルでパケットを通過させたり、禁止したりするルーターのことを指す。たとえばTCP/IPプロトコルならば、IPパケットを単純にフォワードするだけでなく、パケット中に含まれるデータを調べて、送信元や送信先IPアドレス、プロトコルタイプ(TCPかUDPか)、ポート番号などに基づいてパケットを通過させたり、破棄したりする。パケットフィルター型のゲートウェイの動作は単なるIPルーターと同じなので、クライアントからはパケットフィルターの存在を気にすることなく、あらゆるネットワークサービスが透過的に使えるというメリットがある。実際の運用では、デフォルトではすべてのIPフォワードを禁止しておき(セキュリティー確保のため)、ユーザーに提供したいサービス(アプリケーション)のパケットだけが通過できるように、フィルターリングルールを設定する。ただし、使用するアプリケーションが増えれば、それだけ複雑なフィルタールールを設定しなければならず、条件の設定ミスによってはファイアウォールに思わぬ穴が開いてしまうことがある。アプリケーションによっては使用するポート番号が実行時に動的に変わるものもあり、このような場合には静的なフィルターリングルールを設定するのが難しくてサポートできないこともある。これに対応するため、最近では動的なフィルタールールを記述できるようにしているファイアウォール製品もある。ローカル側のLANでプライベートアドレスを使う場合は、単純なパケットのフィルターリングとフォワードだけでなく、同時にアドレス変換やポート番号変換も行なうNAT(Network Address Translation)機能を使わなければならない。そうしないと、プライベートアドレスのままでInternetへアクセスしてしまうことになる。けれども、プロトコルによっては単純にポートやIPアドレスフィールドを書き換えるだけでは動作しないものがあるので、注意が必要である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android