NAT(読み)ナット

ASCII.jpデジタル用語辞典「NAT」の解説

NAT

インターネットグローバルアドレスプライベートアドレス相互に変換し、LAN内の機器がインターネットを利用できるようにするためのアドレス変換技術。NATでは、ひとつのグローバルアドレスをひとつのプライベートアドレスに固定して変換する。そのため、使用できるグローバルアドレスの数がLAN内の機器の数より少ない場合はインターネットを利用できない機器がでてくる。これを解決する機能として、ポート番号と組み合わせて、ひとつのグローバルアドレスを複数の機器で共用可能にする「IPマスカレード」が広く使われている。NATのメリットは、インターネットを利用中のLAN内の機器が、直接インターネットに接続しているかのようにすべてのサービスを利用できる点にある。IPマスカレードでは、ポート番号が変換されるため、サービスの利用時に特別の設定が必要になる場合がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本「NAT」の解説

NAT

ブロードバンド・ルーターに搭載されているIPアドレスの変換機能で、「Network Address Translation」の頭文字です。通常、家庭内LANでは家庭内だけで有効なIPアドレスが利用され、そのままではインターネット側と通信できません。そこでNATを利用して、インターネット側のIPアドレスと家庭内のIPアドレスを相互変換し、家庭内LANの各機器がインターネットに接続できるようにしています。ただし、ゲームなど特殊なソフトではNAT機能がうまく働かず、ルーターを手動で設定する必要がある場合もあります。
⇨IPアドレス、ブロードバンド・ルーター

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

情報セキュリティ用語辞典「NAT」の解説

NAT

LAN上のプライベートIPアドレスをインターネット上のグローバルIPアドレスへと相互に変換する仕組み。これにより、LAN上にある複数のホストからのインターネット接続が可能となる。また、インターネット側からはひとつのグローバルIPアドレスからの通信に見えるため、セキュリティ確保が可能となる。

出典 教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)情報セキュリティ用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「NAT」の解説

ナット【NAT】

企業や家庭内のLAN(ラン)に接続された複数のコンピューターで、ひとつのグローバルアドレスを共有する技術。LANに接続されたコンピューターのプライベートアドレスとグローバルアドレスの相互変換を行うことを指す。◇「network address translation」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「NAT」の解説

ナット【NAT】[network address translator]

network address translator》インターネット上の一つのグローバルアドレスを、LANに接続された複数のコンピューターで共有する仕組み。企業などの組織内におけるローカルアドレスを必要に応じてグローバルアドレスに対応させる。ネットワークアドレス変換

ナット【NAT】[nucleic acid amplification test]

nucleic acid amplification test病原体遺伝子を構成する核酸の一部を人工的に増やすことで、病原体の有無を調べる方法。核酸増幅検査NAT検査

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホームページ制作用語集「NAT」の解説

NAT

Network Address Translation の。インターネットに接続された企業などで、一つのグローバルなIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術。

出典 (株)ネットプロホームページ制作用語集について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android