コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NAT ナット

8件 の用語解説(NATの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

NAT

インターネットのグローバルアドレスとプライベートアドレスを相互に変換し、LAN内の機器がインターネットを利用できるようにするためのアドレス変換の技術。NATでは、ひとつのグローバルアドレスをひとつのプライベートアドレスに固定して変換する。そのため、使用できるグローバルアドレスの数がLAN内の機器の数より少ない場合はインターネットを利用できない機器がでてくる。これを解決する機能として、ポート番号組み合わせて、ひとつのグローバルアドレスを複数の機器で共用可能にする「IPマスカレード」が広く使われている。NATのメリットは、インターネットを利用中のLAN内の機器が、直接インターネットに接続しているかのようにすべてのサービスを利用できる点にある。IPマスカレードでは、ポート番号が変換されるため、サービスの利用時に特別の設定が必要になる場合がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

NAT

ブロードバンド・ルーターに搭載されているIPアドレスの変換機能で、「Network Address Translation」の頭文字です。通常、家庭内LANでは家庭内だけで有効なIPアドレスが利用され、そのままではインターネット側と通信できません。そこでNATを利用して、インターネット側のIPアドレスと家庭内のIPアドレスを相互変換し、家庭内LANの各機器がインターネットに接続できるようにしています。ただし、ゲームなど特殊なソフトではNAT機能がうまく働かず、ルーターを手動で設定する必要がある場合もあります。
⇨IPアドレス、ブロードバンド・ルーター

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナット【NAT】[network address translator]

network address translator》インターネット上の一つのグローバルアドレスを、LANに接続された複数のコンピューターで共有する仕組み。企業などの組織内におけるローカルアドレスを必要に応じてグローバルアドレスに対応させる。ネットワークアドレス変換。

ナット【NAT】[nucleic acid amplification test]

nucleic acid amplification test》病原体の遺伝子を構成する核酸の一部を人工的に増やすことで、病原体の有無を調べる方法。核酸増幅検査NAT検査

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集の解説

NAT

Network Address Translation の略。インターネットに接続された企業などで、一つのグローバルなIPアドレスを複数のコンピュータで共有する技術。

出典|(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

NAT

LAN上のプライベートIPアドレスをインターネット上のグローバルIPアドレスへと相互に変換する仕組み。これにより、LAN上にある複数のホストからのインターネット接続が可能となる。また、インターネット側からはひとつのグローバルIPアドレスからの通信に見えるため、セキュリティ確保が可能となる。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ナット【NAT】

企業や家庭内のLAN(ラン)に接続された複数のコンピューターで、ひとつのグローバルアドレスを共有する技術。LANに接続されたコンピューターのプライベートアドレスとグローバルアドレスの相互変換を行うことを指す。◇「network address translation」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

NAT

〖network address translator〗
LAN に接続された端末からインターネットに接続する際に、LAN 内で使用されている IP アドレスを、自動的に外部ネットワークで使用できるものに変換する機能。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NATの関連キーワードIPアドレスIPマスカレードインターネットアドレスNAPTグローバルIPアドレスグローバルアドレスプライベートアドレスローカルアドレスグローバルインターネットエクスチェンジGIX

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NATの関連情報