コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタヤ Pattaya

大辞林 第三版の解説

パタヤ【Pattaya】

タイの中央部、バンコク南東のタイランド湾に臨む保養地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

パタヤ(Pattaya)

タイ南東部の都市。首都バンコクの南約150キロメートル、タイランド湾の東岸に位置する。1960年代にベトナム戦争の帰還米兵のための保養地として発展。現在は同国有数の海岸保養地として知られ、多くのホテルやレストランが集まる。パッタヤー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パタヤ
ぱたや
Phataya

タイ南東部の海浜保養地。バンコクの南150キロメートル、タイランド湾の東海岸に位置する。熱帯の輝く太陽の下での美しい海岸で海水浴、スキンダイビングなど各種の海浜スポーツが楽しめる。ゴルフ場、ホテル、レストランなどの設備が整い、タイ有数の国際観光地として多くの観光客が訪れる。[友杉 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パタヤの関連キーワードサンクチュアリオブトゥルースノンヌットトロピカルガーデンスィラチャタイガー動物園ジョムティエンビーチワットカオプラバートタイ パタヤマラソンパタヤパークタワーワットプラヤイ越野由梨奈はるな愛パタヤーラン島

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パタヤの関連情報