コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パハン州 パハンPahang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パハン〔州〕
パハン
Pahang

正式名称はパハンダルールマクムール Pahang Darul Makmur。マレーシア,マレー半島南部にある州。州都クアンタン。北半分は山地で,タハン山 (2187m) などを含み,北西には避暑地のカメロン高原がある。南部は丘陵と低平地で,パハン川などが東流し,南シナ海に注ぐ。全土の 70%は未開拓で,熱帯雨林におおわれる。スルタン国であったが,1888年イギリスの保護領となり,1957年マラヤ連邦の独立とともにその州となる。クアラリピス周辺でゴムが栽培され,クアンタン川とスマンタン川 (パハン川の支流) 周辺でスズが採掘される。南東部ではアブラヤシの植付けが進められている。人口の半数以上がマレー人で,中国人は約 30%。面積3万 5965km2。人口 105万 4800 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パハン州の関連キーワードモハマド ナジブ・アブドル・ラザクゲンティンハイランドクアラテンベリンフレーザーズヒルティオマン島マス クリスチェラティンケランタン州ブリンチャンクリス・マスマラヤ鉄道タナラタジョゲラザクチニ湖

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android