コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパジアマンティス パパジアマンティスPapadiamantis,Alexandros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパジアマンティス
Papadiamantis,Alexandros

[生]1851.3.4. スキアソス島
[没]1911.1.3. スキアソス島
ギリシアの短編作家。司祭の家に生れ,アテネ大学文学部に学ぶ。貧困と戦いながら,新聞,雑誌などに翻訳や創作を寄稿。最初,長編を志したが,1885年の『クリストス・ミリオニス』 Christos Milionis以後は短編に転じ,200編以上の短編と若干の長編を残した。最も有名な作品は『殺人者』 (1903) 。没後『パパジアマンティス全集』 Alexandrou Papadiamanti Apanta (8巻,12~14) が刊行された。作品の特徴は純正語 (→カサレブサ ) のみを使用している点にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パパジアマンティスの関連キーワードリゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシン万国博覧会万博EXPO