パビッチ(英語表記)Milorad Pavić

大辞林 第三版の解説

パビッチ【Milorad Pavić】

1929~ ) 旧ユーゴスラビア、セルビアの作家。「ハザール事典」「紅茶で描かれた風景」「風の内側」など、奇想にあふれ卓抜な仕掛けを持った小説で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

パビッチ

セルビアの詩人,小説家。事典形式に模しつつも縦横無尽に現実と空想をおりまぜたバロック的奇想の書《ハザール事典》(1984年)で,一躍国際的に注目される。斬新な仕掛けをもつ作品を次々と発表,20世紀ポストモダン小説の旗手として活躍。クロスワード形式の長編《お茶で描かれた風景》(1988年),二つの別個の物語が本の真中で出会う《風の内側》(1991年)など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パビッチの関連情報