コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラガングリオン

2件 の用語解説(パラガングリオンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

パラガングリオン

 傍神経節ともいう.クロム親和性細胞の集合で,副腎髄質外側や動脈,各種臓器内にも分布.エピネフリンを分泌するものが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パラガングリオン【paraganglion】

交感神経や副交感神経に沿って存在する上皮性細胞の集団で,厚い結合組織の被膜で包まれ,血管に富んでいる。旁節または旁神経節ともいう。交感神経パラガングリオンは,神経堤の交感神経原基から発生する。副腎の髄質が最大のパラガングリオンともいわれるように,パラガングリオンの主細胞は,副腎髄質の細胞によく似ており,細胞質中には径50~200nmの電子密度の高い顆粒(かりゆう)が多数みられ,ノルアドレナリンを含んでいるといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラガングリオンの関連キーワード交感神経副交感神経交感神経節交感神経伝達物質交感神経系交感神経興奮剤副交感神経系副交感神経遮断薬免疫交感神経切除コリン作動性神経 (cholinergic nerve)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone