パラガングリオン

世界大百科事典 第2版の解説

パラガングリオン【paraganglion】

交感神経や副交感神経に沿って存在する上皮性細胞の集団で,厚い結合組織の被膜で包まれ,血管に富んでいる。旁節または旁神経節ともいう。交感神経性パラガングリオンは,神経堤の交感神経原基から発生する。副腎の髄質が最大のパラガングリオンともいわれるように,パラガングリオンの主細胞は,副腎髄質の細胞によく似ており,細胞質中には径50~200nmの電子密度の高い顆粒(かりゆう)が多数みられ,ノルアドレナリンを含んでいるといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android