パリアタ劇(読み)パリアタげき(英語表記)fabula palliata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「パリアタ劇」の解説

パリアタ劇
パリアタげき
fabula palliata

ローマ喜劇一種。「ギリシア装束劇」。俳優パリュームを着て登場することから名づけられたもので,ギリシア新喜劇翻案または模倣したもの。リウィウス・アンドロニクス最初に試みたといわれ,ナエウィウスが発達させ,プラウツステレンチウスにいたって頂点に達したが,ツルピリウス (前 103) によって衰退した。なおクレピダタ劇もパリアタ劇の別名ではないかと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のパリアタ劇の言及

【ローマ演劇】より


[喜劇]
 悲劇と同様に喜劇もギリシア劇の翻案から始まった。メナンドロス,ディフィロス,フィレモンらのギリシア新喜劇の作品をもとにして,〈パリアタ劇fabula palliata〉(palliataは〈ギリシア風のマントを着た〉の意)と呼ばれる喜劇を書いたのがプラウトゥステレンティウスである。プラウトゥスは前254年ころにウンブリアの小都市に生まれ,役者をした後に,劇作に手を染めるようになり,130編もの喜劇を書いたが,今残っているのは20編だけである。…

※「パリアタ劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android