コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレスチナ帰還権 パレスチナきかんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレスチナ帰還権
パレスチナきかんけん

1948年 12月,パレスチナ戦争後の国連総会決議 194号で認められた,パレスチナ難民イスラエル領に帰還する権利。イスラエルにとって帰還権の承認は国家の存亡にかかわる問題となるため,その受入れを一貫して拒否し続けてきた。一方,PLOにとっても,イスラエルとの二国家併存によるミニ・パレスチナ国家建設という現実路線の完全な受入れとなるため,帰還権の放棄が重要な論点となり,88年 12月のアルジェ合意でパレスチナ国家独立宣言をした際に,暗黙のうちに帰還権の放棄を承認した。なお同安保理決議では帰国を希望しない者への財産の賠償に関しても触れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パレスチナ帰還権の関連キーワード新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android