コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パレ・デ・ナシオン Palais des Nations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレ・デ・ナシオン
Palais des Nations

フランス語で「諸国民の殿堂」を意味する。1937年スイスのジュネーブに,レマン湖に面して建てられた国際連盟本部の建物。内部は各国からの寄贈物で装飾され,会議場などがある。国際連盟はアメリカの不参加,日本やドイツの脱退 (1933) などで,建物が完成したときには国際機関としての機能を失っていた。現在は国際連合ヨーロッパ本部と,世界保健機関 WHO本部がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パレ・デ・ナシオン
ぱれでなしおん
Palais des Nationsフランス語

国際連盟(ソシエテ・デ・ナシオン)の本部としてつくられ、現在では国際連合のヨーロッパ本部になっている建物。スイスのジュネーブ、レマン湖を見渡す高台に位置し、庭にはアメリカが寄贈した金色の大地球儀がある。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パレ・デ・ナシオンの関連キーワードビュイヤール

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パレ・デ・ナシオンの関連情報