コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンの笛 パンのふえpanpipes

翻訳|panpipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンの笛
パンのふえ
panpipes

シリンクス」「パンパイプ」とも呼ばれる。原始的な管楽器で,長さの異なる数本の笛を並列して束ねたもの。ギリシア神話のシリンクス伝説で,牧神パンが創作したといわれる。古代中国,古代ギリシア,小アジアなどで使われはじめ,中国では排 (はいしょう) と呼ばれていた。メラネシア,アフリカ,ペルー,ボリビアなどでもみられる。ヨーロッパでは牧羊者の間で使われ,特にピレネー地方で用いられているが,ルーマニアでは 19~22のパイプを3オクターブに調律したナイというパンパイプが,独立した楽器として演奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンの笛
ぱんのふえ

古代ギリシアの気鳴楽器。ギリシア神話に登場するニンフ(妖精(ようせい))の名をとってシリンクスsyrinxとよばれていた。植物の茎など同長の管を7、8本筏(いかだ)形に組んだもので、音高は詰め物で調節したものと思われる。この種の楽器はヨーロッパをはじめ世界各地に存在し、パンパイプと総称されている。[柴田典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パンの笛の関連キーワードインディオの音楽ルーマニア音楽シュリンクス堀口 大學堀口大学

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android