コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンクラチオン pancratium; pankration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンクラチオン
pancratium; pankration

古代ギリシアで行なわれていた格闘競技。相手を倒すためにはどのような方法を使ってもよいとされる粗暴な競技で,現在のボクシングレスリングはこれから派生したものと考えられている。古代オリンピックでこの種目が実施されたのは第 33回 (前 648) からである (→古代競技会 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パンクラチオン(〈ギリシャ〉pancration)

古代ギリシャのオリンピックで行われた総合格闘技。選手は全裸で体に油を塗り、眼球への攻撃・噛みつき以外はすべて認められたという。勝敗片方が倒れるか降参するかで決まる。形を変えたものを現代オリンピックで復活させようという動きがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンクラチオン
ぱんくらちおん
pancration

古代オリンピア祭の種目の一つで、ボクシングとレスリングの技(わざ)をあわせたような競技。紀元前648年(第33回大会)より始まる。後に少年の部も加えられたが、少年には激闘と判断され、1回きりで廃止された。競技は、勝つためにはどんな方法でもよかったが、オリンピア祭では、睾丸(こうがん)を蹴ること、指を目の中に突っ込むこと、かみつくこと、平手以外で殴ることが禁止され、これを犯すと罰則が加えられた。
 これはいまのオリンピック憲章にあたるザーネスZanes(ゼウスZeusのエーリス方言)という法によるもので、この法を破った者は神罰を受けるとされた。近年、オリンピア祭の主神はZeusではなくディオニソスDionysosだという新説が出ている。[鈴木良徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パンクラチオンの関連キーワード根岸雅英鈴木良徳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android