コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンチャースティカーヤサーラ Pañcāstikāyasāra

1件 の用語解説(パンチャースティカーヤサーラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パンチャースティカーヤサーラ【Pañcāstikāyasāra】

ジャイナ教空衣派の著名な学僧クンダクンダKundakunda(2~3世紀ころ)の著した教義綱要書。題名は〈五つの存在の聚(あつまり)についての精要〉の意。原典は俗語で書かれ,合計173(あるいは180)の詩頌より成る。本書は2編に分かれ,第1編は本体論に関し,宇宙の基本的構成要素である霊魂,物質などの五つの存在の聚(アスティカーヤ)を解説し,第2編は教義全体を要約した九つの原理(パダールタ)の説明にあてられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンチャースティカーヤサーラの関連キーワードくんくん飲んだくれ飲んだくれるふんだくカラクン鳥Winくん動くん棚ぱんくんぱんくんち

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone