コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンディット パンディット Pandit, Vijaya Lakshmi

3件 の用語解説(パンディットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンディット
パンディット
Pandit, Vijaya Lakshmi

[生]1900.8.18. アラハバード
[没]1990.12.2. ウッタルプラデーシュ,デラドゥーン
インドの女性政治家,外交官。 J.ネルーの妹。若くして独立運動に参加,数回投獄された。 1935年アラハバードの教育委員会委員長となり,37年アグラ・アワド連合州の地方自治兼保健相に就任,インドで最初の女性州政府閣僚となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

パンディット
パンディット
pandit

ベーダ聖典を暗誦し,サンスクリット語を話すインドの伝統的古典学者,識者に対する尊称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンディット
ぱんでぃっと
Vijayalakhm Pait
(1900―1990)

インドの政治家、外交官。インド初代首相ネルーの妹。1919年以来、ガンディー指導の反英運動に参加。1921年に弁護士R・S・パンディットと結婚。1937年、インド統治法下に成立した連合州の会議派州政府閣僚を皮切りに、しだいに会議派内の重要な地位を占める。1940~1942年、全インド婦人会議議長。1946年の国連のインド首席代表をはじめ、独立後は外交畑で活躍。1947~1949年ソ連大使、1949~1952年アメリカ大使、1954年に国連総会議長に就任。1952~1954年、1964~1968年と国内で下院議員に当選。1954年(昭和29)初来日。1967年には広島での被爆記念式典に参加。自伝『幸福の領域――私的な回想』(1979)がある。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンディットの言及

【ヒマラヤ[山脈]】より

…1765年創設のインド測量局もその間の所産で,19世紀に入るとヒマラヤを含むインド亜大陸全体の地図作成を目ざす〈大三角測量〉事業が始まった。ヒマラヤの基礎的知識は,こうしてイギリスの測量官や,辺境各地にひそかに派遣されたパンディット(本来はヒンドゥーの学者を指す)と呼ばれるインドの現地人測量者,密偵を通じてしだいに獲得されていった。1852年に世界の最高峰と確認されたエベレストの名が,1830‐43年に測量局長官を務めたG.エベレストにちなむ名であることはよく知られている。…

※「パンディット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンディットの関連キーワード荒浜クンブメーラアシハバードハバハバカラートラハバラハバ城バーブアルアムードオープン・セサミアスハバードハバード,L.R.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンディットの関連情報