コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーセプション・ギャップ perception gap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーセプション・ギャップ
perception gap

日米間の摩擦の一つの要因として指摘されてきた事柄で,日米双方のある特定の問題についての認識が異なり,両国間の誤解不信が生じた場合を指す。過去においては日本人の語学力や自己表現力の弱さが原因となる誤解,不信が多かったが,現在では戦争放棄を規定した憲法を有する日本独自の国際認識が西側の他の諸国のそれと異なり,結果的に摩擦を引き起こすこともある。 1990年のイラクのクウェート侵攻に対する日本の貢献策をめぐるアメリカの議論などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android