パーチメント紙(読み)パーチメントし

  • Parchment paper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸紙が、半透明の薄い紙で耐水性があり、ヒツジやヤギの皮からつくった筆写用のシート(真正のパーチメント)に似ているためいう。

 パーチメント紙は原料として木綿繊維(コットンリンターパルプ)、木材の晒(さらし)化学パルプから抄造した紙を用い、濃硫酸による化学処理で一部膨潤可溶化したのち完全に水洗して乾燥して得られる。無味・無臭、耐油・耐水性があり、バター、チーズ、肉類などの包装に用いる。

 擬硫酸紙は、機械処理のみで化学処理によらずに硫酸紙に似せてつくられた紙で、原料としては通常、木材の晒化学パルプまたは晒セミケミカルパルプを用い、十分粘状叩解(こうかい)したのち抄造して得られる。半透明の耐脂性の紙で特殊包装などに用いる。

[御田昭雄 2016年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 羊皮紙を模してつくられた紙。硫酸紙。パーチメント。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のパーチメント紙の言及

【硫酸紙】より

…羊皮紙に似ることから植物性羊皮紙vegetable parchment,パーチメント紙とも呼ばれる。半透明の薄い紙で無味・無臭であり,緻密(ちみつ)な組織をもっているので,耐油性,耐水性がある。…

※「パーチメント紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android