コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーム核油

2件 の用語解説(パーム核油の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

パーム核油

 カーネル油ケルネル油ともいう.ヤシ目ヤシ科のアブラヤシElaeis guineensis]の果実の核からとる常温で固体の脂肪.ラウリン酸ミリスチン酸などが主成分

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーム核油
ぱーむかくゆ
palm-kernel oil

シュロ科のオイルパームの実の核油である。圧搾法で採油する。融点は25~30℃。日本では夏期を除き脂肪である。ヨウ素価15程度。主要成分脂肪酸はラウリン酸で50~55%。ミリスチン酸15%程度、パルミチン酸8~10%、オレイン酸5~15%を含む。パーム核油パーム油とは成分を異にし、やし油と成分が似ている。マーガリンショートニングせっけん原料などに用いられる。表面活性剤原料である。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパーム核油の言及

【アブラヤシ(油椰子)】より

…果肉から採った油をパーム油と呼びマーガリン,セッケンの原料とするほか切削油,さび止め油などにも使われる。種子から採った油はカーネル油(パーム核油palm kernel oil)と呼び,パーム油とは成分や物理特性が異なる。マーガリン,セッケンの原料とする。…

【食用油】より

…マーガリン,ショートニングのほか,インスタント食品の揚油などにされる。(12)パーム核油(カーネル油) アブラヤシの果実の核を原料とするもので,チョコレート,アイスクリームなどの業務用加工に用いられる。(13)カカオ脂 カカオ豆を原料とするもので,カカオバターともいう。…

【パーム油】より

…カロチンを含み橙黄色に着色し,特徴ある芳香をもつ。アブラヤシの果実の種子(核)から取る油のパーム核油とは性質が異なっている。主産地はマレーシア,インドネシア,西部アフリカ。…

※「パーム核油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パーム核油の関連キーワードマイクロカーネルサフラワー油カーネルコーンアブラヤシエゴマ油カーネル油カモミール油ケルネル油フェンネル油ヤシ油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーム核油の関連情報