コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーム核油

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーム核油
ぱーむかくゆ
palm-kernel oil

シュロ科のオイルパームの実の核油である。圧搾法で採油する。融点は25~30℃。日本では夏期を除き脂肪である。ヨウ素価15程度。主要成分脂肪酸はラウリン酸で50~55%。ミリスチン酸15%程度、パルミチン酸8~10%、オレイン酸5~15%を含む。パーム核油はパーム油とは成分を異にし、やし油と成分が似ている。マーガリン、ショートニング、せっけん原料などに用いられる。表面活性剤原料である。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパーム核油の言及

【アブラヤシ(油椰子)】より

…果肉から採った油をパーム油と呼びマーガリン,セッケンの原料とするほか切削油,さび止め油などにも使われる。種子から採った油はカーネル油(パーム核油palm kernel oil)と呼び,パーム油とは成分や物理特性が異なる。マーガリン,セッケンの原料とする。…

【食用油】より

…マーガリン,ショートニングのほか,インスタント食品の揚油などにされる。(12)パーム核油(カーネル油) アブラヤシの果実の核を原料とするもので,チョコレート,アイスクリームなどの業務用加工に用いられる。(13)カカオ脂 カカオ豆を原料とするもので,カカオバターともいう。…

【パーム油】より

…カロチンを含み橙黄色に着色し,特徴ある芳香をもつ。アブラヤシの果実の種子(核)から取る油のパーム核油とは性質が異なっている。主産地はマレーシア,インドネシア,西部アフリカ。…

※「パーム核油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パーム核油の関連キーワードドラム式洗濯機用液状石けんラウリルアルコールナチュロン400番パームオイル洗濯せっけんカプリン酸カプロン酸食用油脂けん化価7030油椰子油脂