コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーラル パーラル Páral, Vladimír

2件 の用語解説(パーラルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーラル
パーラル
Páral, Vladimír

[生]1932.8.10. プラハ
チェコの小説家。短編集『カタパルト』 Katapult (1969) ,長編小説恋人たちと犯人たち』 Milenci & vrazi (69) で有名になり,『商売女』 Profesionálnížena (72) など,セックステーマに取入れたいくつもの作品を書いて問題を提起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーラル
ぱーらる
Vladimr Pral
(1932― )

チェコの小説家。第二次世界大戦後のチェコをテーマに短編集、長編小説を次々と発表している多作な作家で、かつての西側社会でもその作品が読まれていた数少ない作家の一人。プラハで生まれ、化学を専攻、いくつかの工場で働いたのち、1969年から職業作家。化学工場を舞台に社会主義を強制された社会の変化、技術の進歩にゆがめられた世界を描き、大胆なセックス描写や、読みやすい文体で人気を博しているが、やや繰り返しが多く乱作ぎみといえよう。初期の代表作として、中編『満たされた願望の見本市』(1964)、『カタパルト』(1967)、長編『恋人たちと殺人者たち』(1969)、『若い男と白い鯨』(1973)などがあるが、その後、SF的要素をもつ『女たちの国』(1989)、また現代モラルの悲喜劇的様相を描いた『デカメロン2000』(1990)『プレイガールズ』(1994)などを発表した。[千野栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーラルの関連キーワードプラハ学派プラハのオルロイコーリャ/愛のプラハプラハ室内管弦楽団プラハテレビタワープラハ・フィルハーモニアプラハマラソンラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パーラルの関連情報